クラブでのVIPをとってナンパする

 

クラブではVIP席というものが存在します。

一般的にクラブ内には一般の男が座れる席はごく僅かか、全くない場合もあります。

そんな一般の男に遥かに差をつけられるのがVIP席です。

混雑したクラブのフロア内で押し合っている連中を横目に、VIPシートでシャンパンを飲みながら女の子を口説くのは中々良い気分になれます。

 

ナンパもVIPを取っていると言えばうまくいきやすくなります。

少なくとも席に呼んでしまえば女の子と会話する時間は確実に確保することができます。

店員がフロアにいる女の子を連れてきてくれる場所もありますし、VIPではそれなりにレベルの高い女の子が来てくれます。

VIPに可愛い子を全て持っていかれてしまい、可愛くない子しかフロアにいないこともあります。

 

VIPを取らなくてもナンパで成功しますが、VIPを取れるなら取った方が成功する可能性は高くなります。

かなりの優越感に浸りつつクラブナンパを楽しむことができるでしょう。

 

尚、気になる料金ですが、だいたい下記の項目の合計がかかる料金となります。

シート料金やチャージ料は、各クラブによっても違うし、クラブのVIPシートの種類によってもかなり変わってきます。

予約する際は事前に電話連絡が必要となるので、その際に確認したほうが良いでしょう。

広いシートは10万近くする場合もあるし、狭いシートやBOX席なら2~3万円でいけるところもあります。

時間は2時間制のことが多いです。

後は、どれだけお酒を飲むかです。

高いボトルを頼みまくれば当然金額は跳ね上がります。

逆にそこそこで済ませているならそこまでぶっとんだ額はかかりません。

おおよそですが、無茶な遊び方をしない限りは1人5~10万円の範囲で収まります。

 

これを高いととるか安いととるかは本当にその人の経済力次第です。

ただ、料金を細かく気にするならばVIPを取るべきではありません。

それ相応の身分になるまでがんばって普通のフロアでナンパしたほうが無難でしょう。

経済力がある方のみが座れるのがVIPシートです。

 

  • シート料金:2時間で50,000円(週末の3~4人席でこのくらい)程度が目安。
  • 飲み物代:ボトル1本は必ず注文する等の制限がある場合も
  • 女の子を座らせたときのチャージ料金:取られるところと取られないところがある
  • チャージ料金:席代に含まれている場合も
  • サービス料金:その日の合計金額の10%程度がサービス料として取られたりする

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ