クラブでコンビナンパをするときのポイント

 

クラブナンパは、基本的にコンビのほうが最初の声かけはやりやすいです。

女の子は基本的に2人セットでいることが多いからです。

ソロだとどうしてももう片方の女の子の扱いに困ってしまいます。

そのため、コンビナンパができる相方がいるのであれば、ぜひその人と一緒にクラブナンパして下さい。

 

作戦はしっかり立てていく

今日は何を目的でクラブに行きナンパをするのか明確にしましょう。

「女友達作り」「彼女候補を探す」「番号ゲット」「即」「乱」目的ははっきりさせておかないと、その目的に向かった最善の策がとれなくなります。

コンビ間での認識の違いって結構ナンパの最中に足枷になったりします。

友情が壊れる原因の一つに異性の問題があります。

例えナンパと言えど、意識や目的が違うことで相方と険悪な雰囲気になったり言い合いになることだってあります。

特にナンパは男が圧倒的不利な状況からスタートします。

うまくいかないことのほうが多く、精神的に疲弊しきる場合もあります。

事前の目的はしっかりと定めておきましょう。

 

地蔵をしない・言い訳をしないこと

地蔵をしていたら何も始まらないのはいつでも同じです。

そして言い訳を口に出すようなこともあってはなりません。

「今日は可愛い子がいない」「疲れた」「眠い」だめです、これらのネガティブな言葉。

自分も相方も言ってはいけません。

これらの言葉を発した瞬間、二人の間で無理やり「そうだよね」と妙に納得してしまって、その後は地蔵になったりナンパへの熱意を失うでしょう。

 

コンビネーションが重要

一緒に行く相方とのコンビネーションは重要です。

お互いの実力や性格を理解し、息の合ったコンビナンパを出来るようにしましょう。

どちらかの実力が高すぎたり、低すぎたりするのもあまり良くありません。

女の子との会話中に連れ出しをするのか、一対一にもっていくのか、番号を交換してその場を去るのか、そういう基本的なサインはある程度決めておきましょう。

もちろん、女の子にばれないようなサインで。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ