クラブで会った女の子を彼女にする場合に考えなければいけないこと

 

クラブは出会いの宝庫です。多くはありませんが、「クラブで出会って彼女が出来た」という人は、女の子に彼氏ができるよりは多くいます。

男はほとんどが一夜限りを狙ってクラブに繰り出すのに対し、女の子側で「一夜限り」を考えている子は男ほど多くはありません。

男女が体の関係を持った場合、男は目標が達成されてしまうのに対し、女はそこから気持ちが高ぶるのが基本です。

そのため、男側が本気になると、クラブの出会いであっても意外とうまくいくこともあります。

そうならなければそのまま一夜限りで終わってしまうでしょう。

 

クラブには、遊んでいる女の子も多くいますが、彼氏ができればちゃんと付き合ってくれる子も多くいます。

よほどクラブ中毒になっていない限りは、付き合った後もクラブ通いをやめないという子は多くはないでしょう。

逆に、クラブ通いをやめさせられないということは、男側が女の子に遊ばれている可能性も考えられます。

女の子の本音を男が知ることは中々ないかもしれませんが、女の子側も潜在的に一夜限りを目的としてクラブに来ていることもあります。

 

そういった場合は、男がいくら本気になってもそのまま一夜限りで終わってしまうでしょう。

ナンパでは男のほうが遊んでいることが多いですが、実はそう見えて逆に女の子に遊ばれているということも稀にありえます。

真剣に彼女として付き合っていける子もちゃんといますが、中には男と同様に遊び人の女の子もいるということに気をつけましょう。

 

まずは、クラブで出会って真剣に付き合っていけるかどうかは男女共にその後、クラブ通いをやめることができるかどうかにかかってくると思います。

いくら「音楽を聴きに行っているだけ」と言っても、男女ともにかなりチャラい出会いの場であることは明らかなので、信用しようとしても中々できるものではありません。

そんなナンパが多い場所に彼女が行くなんて、まともな男にとっては気が気じゃなくなるはずです。

ナンパで付き合い始めた以上、無駄な心配をかけないためにも、出会いの場に行くのは控えたほうがよさそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ