クラブの危険性

 

クラブと言うと、世間ではかなり悪いイメージが染みついていると思います。

暗闇で大音量の音楽がかかり、お酒を飲んで酔っぱらいも多い。

ドラッグや喧嘩も日常茶飯事。

そんなことをクラブに行ったことがない人達が話しているのを聞いたことがあります。

行ったこともないのに、ドラマやネット、他人の影響を受けてそんなことを知ったかぶりしているのです。

 

まず一度行けばわかると思いますが、クラブはそんなに危険な場所ではありません。

これは渋谷だろうが六本木だろうが銀座だろうがどこに行っても変わりません。

最近のクラブはセキュリティがどんどん厳しくなっており、危険なことをしているやつは一発で退場させられます。

普通にしていれば何の問題もなく楽しめるクラブですが、それでも危険というか最低限注意すべき点はあります。

 

 

貴重品の紛失

暗闇で、しかもお酒を飲んでいるとなれば貴重品を失くす可能性も出てきます。

財布はロッカーに預け、お金だけポケットにしまっておくことをおすすめします。

 

喧嘩に巻き込まれる

残念ながら人と人とが当たり前にぶつかるくらいの密集した空間ですので、肩がぶつかったとか足が踏まれたとかで喧嘩を売ってくる輩も稀にいます。

酒も飲んで酔っていますし。

ただ、揉めてるとすぐにセキュリティがやってきますので、殴り合いのケンカになることはほぼありません。

私は口論程度は見かけたことがありますが、殴り合いは見たことがありません。

何かあったら逃げるかセキュリティに助けてもらいましょう。

 

泥酔する

クラブはとても楽しい空間です。

調子に乗ってお酒も進みます。

そして中には泥酔する人もいます。

女の子にとって一番の危険は泥酔することでしょう。

訳が分からなくなって知らない男にお持ち帰りされるということもありえます。

飲みすぎには十分に注意しましょう。

ちなみに男女ともに泥酔したらクラブを退場させられます。

泥酔者が休ませてもらえる(というより邪魔なのでそこに移動させられる)シートもありますが、女の子しか利用できないことが多く、そこが満席だったら女の子も退場させられるでしょう。

 

 

このように、危険と言っても、普通に飲んでいても気を付けるようなことばかりで過剰にクラブを危険視する理由にはなりません。

尚、ドラッグについては何年もクラブに通い続けている私ですが、未だかつて一度も見たことがありません。

普通にしていればそんな場面に出くわすことはないはずです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ