クラブの客層

 

クラブに行ったことがない方はどんな人がクラブに行くのか気になるところでしょう。

世間ではクラブのイメージはあまり良くありません。

従って、ヤンキーや怖い人がたくさんいるようなところで、自分が行くような場所じゃないと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、実際のクラブはそんなことはありません。

 

客層は場所にそれぞれのクラブによって大きく異なりますが、「大学生」「サラリーマン」「OL」「アパレル店員」「看護師」「保育士」・・・等、言ってみれば普通にあなたが街で普通にすれ違う人たちばかりです。

 

さらにその中では、イケてる人もイケてない人、お金持ちもそうでない人もたくさんいます。

自分はクラブに行くほどイケてない人間だと思って、来ないのはもったいないと思います。

始めは背伸びしてクラブに行き、何度か通っているうちにクラブに馴染んでいく人がほとんどです。

クラブは怖い人やイケている人たちが集まる場所ではなく、普通にみんなが行ける場所だということを覚えておきましょう。

 

尚、ナンパ箱のようなクラブでは大きく大別すると、「学生が多いクラブ」「サラリーマンが多いクラブ」「外人が多いクラブ」等の分類ができます。

別にどのような人が集まるクラブだろうと、誰でも問題なく入れるのですが、クラブナンパをする場合は服装や年齢層の系統を意識する必要はあります。

 

「学生が多いクラブ」でスーツで行くと、少し浮いてしまう場合もあります。

「サラリーマンが多いクラブ」に20歳くらいの男が行っても、年齢が若すぎて女の子に相手にされない場合もあります。

「外人が多いクラブ」は外人目当ての子が多いので、日本人というだけで興味を持ってもらえない等。

 

クラブの客層に合っていないとナンパがうまくいかない場合があることを覚えておきましょう。

各クラブの客層は、入口で入場している客を確認したり、入場可能な年齢の確認や当サイトを参考にしていただければと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ