クラブの服装には気を遣う必要がある

クラブにナンパをしに行く時の服装は気を遣う必要があります。

ナンパをするときは自分の見た目は最大限格好良いことが必要です。

オタクっぽい服装、腰パン、ヨレヨレのシャツ、サイズが合っていない服等はNGです。

 

イケメンにはどうせ勝てないと考えてはいけません。

イケメンでもダサければモテないし、逆に雰囲気イケメンという言葉もあるくらいですから、イケメンじゃなくてもお洒落な男は普通にモテます。

格好良い自分であるという意識は自信として表れてきます。

クラブではこの男としての自信や雰囲気、オーラがとても大事です。

小手先のテクニックはこの雰囲気の後についてくるものです。

 

女の子に話しかけるときに様子を伺いながらおどおどしていたり、声が小さかったり、早口で聞き取れてもらえないのは自分に自信がないことが原因です。

そんな男に女の子が喜んで会話してくれるはずがありません。

自分に自信を持っている男の姿は女の子から格好良く思われます。

まずは、外見から自分に自信をつける努力をしましょう。

 

但し、クラブ内には人がたくさんいて暑く、靴も踏まれたりします。

お酒を溢したり溢されたりすることもあるでしょう。

そのような目に会う可能性があるので、高い服を着て行くときは注意しましょう。

一番良いのはもうクラブ用の服を普段着る服とは別に用意することです。

ドレスコード(※)や落としたい女の子に合わせた服装を着ることもあるでしょうから、そっちのほうが良いかと思います。

 

ちなみにクラブ内は暑いので変に着込んで行くよりは、シンプルな物をおすすめします。

シンプルな中にもワンポイントでお洒落なアクセサリーを付けたりするとウケが良くなります。

キャラクター物や変なプリントが入った服はおすすめしません。

だったら、無地のTシャツにデニムとアクセで充分です。

 

服装に自信がない方は実際にクラブでモテている人の服装や第三者に自分の服装を見てもらって意見を聞くのも有効です。

 

参考はこちらの記事をどうぞ

男性がクラブに行くときの服装(夏)

男性がクラブに行くときの服装(冬)

 

※ドレスコード:クラブの雰囲気にそぐわない格好をしている場合、入場を断られる場合があります。サンダル、ジャージ、刺青などが基本で、場所によってはスニーカーやダメージデニムなど

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ