クラブの終盤の時間帯にナンパする

 

何時間もかけてクラブ内で必死にナンパしたにも関わらず、成果が出せないこともあります。

最後の方は身も心も疲れ果て、早くクラブから出て家に帰りたい衝動に駆られます。

 

しかし、その最後の最後にナンパのチャンスが眠っていることもあります。

 

最後の時間帯は早めに帰る人やお持ち帰りしたことにより、ピーク時と比べてクラブ内に人がだいぶ少なくなります。

残っているのはあまりかわいくない子であったり、その日は断固としてナンパを拒否している子の場合がほとんどです。

 

それでも、中には友達とはぐれて最後まで探したけど見つからない(お持ち帰りされてクラブ内にいない)子や、まだ声かけしていない子もいます。

特に前者の友達がいない状態で女の子一人であるということは、非常に心細いもので、一人でクラブから帰ることになりそうな状況であるためその気持ちも尚更です。

そのため、普段の自分なら落とせないようなレベルの子であったとしても心細さのあまり、声かけに反応してくれる可能性は十分にあります。

 

また、その時間帯にナンパをがんばることができて、和むことができればその後は一緒に帰ったり、飲みに行ったりすることも可能です。

「クラブで男と一緒に出る=お持ち帰り」と連想される以上、通常の時間帯であれば腕を必要としますが、クラブの営業が終了すれば出るしかありませんので、そこから飲みに行ったりすることも誘いやすくなります。

 

もし、和みが十分ではない場合は居酒屋やカラオケなどで和んでから打診をしましょう。

失敗したら後は電車で普通に帰られるだけです。

細心の注意を払って、攻めて行く必要があります。

 

努力したとしても、その日にとてもお持ち帰りできそうな雰囲気ではない場合は、敢えて攻めずに準即を狙うのも一つの手です。

なぜなら、クラブで数ある男からナンパを受けていたとしてもその日に一緒に帰れる男はあなただけになります。

必然、数ある男の中でも印象に強く残っており、メールの返信率も通常よりは高くなります。

 

但し、通常より少し高くなる程度です。女の子からの評価があなたとほとんど変わらない男と並べた場合は最後にいたあなたに返信がくるといった具合です。

他にあなたより評価の高い男と連絡先を交換していればそちらに流れてしまいます。

 

最後のほうは疲れ果ててボロボロかもしれませんが、予期せぬチャンスが眠っていることもあります。

最後まで希望を捨てずにナンパしつくしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ