クラブナンパでは他の男との差別化が必要

 

「ナンパは例外であるべきである」ナンパ師の中では最近流行っている言葉だと思います。

特にクラブナンパでは、例外であるということは非常に重要だと思います。

クラブ内では、女の子は非常に多くの男からナンパされることとなります。

その中から今夜一緒にいる相手を選ぶとしたら、普通の男ではダメと言うことです。

何か他のナンパ男とは違ったものを持っていなければ、その他大勢の中に埋もれて女の子との繋がりを持つことはできません。

 

他のナンパ男の会話にちょっと聞き耳を立ててみて下さい。

「一人~?」「良く来るの~?」「飲もうよ~」あなたが思っている以上にみんな普通のありきたりな会話をしています。

この声かけでは、確実にあなたの外見が女の子の基準を満たしていないとシカトされます。

シカトされなかったとしても、このようなありきたりな会話を続けていたのでは、その後の展開も発展する可能性は少ないでしょう。

こんな会話はこれまで女の子は何度も何度も他の男としてきているわけです。

そんなのつまらないに決まってますよね。

 

だからこそあなたは他の男とは違った声かけや会話をする必要があるのです。

これを意識するだけで、最初の声かけ時の反応や女の子との会話の盛り上がりは劇的に変わります。

他の男とは全然違うという印象を与えるだけで、女の子もかなり興味を持ってくれます。

もちろん、例外であるということは、良い意味でです。

「なんか変なやつだな」「気持ち悪いやつだな」と思われるような悪い意味での例外は意味がありません。

 

例外であるためには、上記のようなありきたりな声かけや会話内容ではなく、他の話題で女の子を楽しませましょう。

ナンパ用のフレーズとして、テンプレート化して挑むのも良いですが、最も良い方法は女の子の外見から得た情報を口に出してみることです。

女の子は誰だって自分の外見には非常に興味を示します。

他人からどう見えているのか、思っている以上に気にしているものです。

そこを褒めたりイジったりすれば、反応せずにはいられません。

慣れないうちはテンプレート化した会話をするのも良いかと思いますが、状況や女の子に応じて適切な会話は選んでいかなければなりません。

除々にどんな子にも柔軟に対応できるようにトークを鍛えていきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ