クラブナンパで狙い目の職業

クラブナンパでは、お持ち帰りの期待が高まる職業というのがあったりします。

それは、「看護師」「保育士」「介護職」等の仕事自体がきつかったり、出会いがない職業の子たちです。

アパレル業の子も、女性だけの職場だった場合、意外と出会いは少ないので狙い目です。

 

これらの職種は女の子らしい職業で可愛い子も多いので、みんな男には困っていないと思いがちですが、実はそうでもないのです。

彼女たちは「仕事の拘束時間が長い」「勤務時間も不規則」「土日休みじゃない」という理由からかなりのストレスをため込んでいます。

普段が平日休みとなると、休みが合う学生時代の友達も少なく、休日を持てあましている場合も多いです。

 

そんな状況であるため、普段の生活ではあまり出会いがなく、こうしてクラブにストレス発散と共に男との出会い目的で来ていることも多いのです。

そのため、ナンパに関してもかなりオープンで、お持ち帰りしやすい子たちとして知られています。

もしもナンパした女の子の職業が「看護師」「保育士」「介護職」だった場合、彼女たちが仕事にストレスを抱えていることを理解してあげるように努め、うまく和みに持って行きましょう。

 

基本的にこれらの職業の女の子はチャンスと捉えて良いですが、たまにそのストレスが全てクラブ等の男遊びに集中していることもあります。

いつもクラブに来ていたりしている場合もあるので、かなり男を選んでくる子たちも中にはいます。

主導権を握られないようなトーク展開をしていかないと、お酒を奢ったとたんにその場を去られたりすることもあるので注意しましょう。

 

また、基本平日が休みということがあって、土日休みの人は中々アポが取りにくいと思います。

出会いの数が多い女の子は、その分他のライバルもたくさんいることになるので、時間が経てば経つほど他の男のほうに流れて行くことも多く、アポの可能性は薄まっていってしまいます。

できればその日のうちにお持ち帰りを決めるように心掛けましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ