クラブナンパと言えばダンスフロアでナンパができる

 

クラブナンパの仕方にもいくつか方法があります。

そのうちの一つであるダンスフロア内でのナンパは、クラブでしかできないユニークなナンパ方法です。

 

ナンパ方法としては、音楽にノッて女の子と目をしっかり合わせて一緒に盛り上がるようにします。

ここでは音楽にノッて体を少し揺らしたり、手を上げて盛り上がる程度で充分です。

あまり激しく動いたりすると邪魔で引かれる場合もあります。

また、目をしっかり合わせてアピールすることが重要です。

横目でチラチラ気にしながら近づいて来るのは気持ち悪いので、男らしくしっかりと行きましょう。

食いつきやノリが良いと判断できたら、すぐに手を繋いで一緒に盛り上がることも可能です。

 

メリット

  • 会話があまり必要ない
  • 女の子との距離をかなり縮められる
  • ノリや雰囲気だけでもなんとかなる
  • 女の子との引き離しがしやすい

 

デメリット

  • 音が大きくて落ち着いた会話はできない
  • 他の男が群がってくる
  • 暑い
  • 曲を知らないとノリにくい

 

メリットは、会話があまり必要ないので(そもそも音が大きくてまともに会話はできないことが多い)、ノリや雰囲気だけでもなんとかなります。

距離もだいぶ接近することができるので、いい雰囲気になったり、女の子が疲れた様子を見せたら、すぐにフロア内から連れ出して、落ち着いた場所で和むことが可能です。

また、逆も然りで、フロア外での和みがうまくできなかった場合、雰囲気を変えるために一緒にフロア内に行けば体の距離も近づくことになります。

距離が近づくことによって、結果、さらに和める可能性もあります。

トークだけではどうしても崩せなかった場合、雰囲気を変えるためにダンスフロア内に来てみるのも一つの手です。

 

デメリットは、落ち着いた会話ができないことや他の男が群がってきて女の子を強引にナンパされることなどです。

他の男が来るのはかなりのデメリットで、混雑していればしている程、その混雑に便乗して図々しくやってきます。

女の子と向かい会ったり、手をしっかり繋いでいないと奪われる可能性もあるので、女の子からは離れないように、できれば視界には自分だけを見せるようにしましょう。

 

ダンスフロアを利用したナンパはクラブでしかできないことです。

普通に声かけしてうまくいかないときや、場が煮詰まってしまったときなどに気分転換に行くと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ