クラブナンパのために住む場所

 

クラブナンパをする上で是非おすすめしたいことがあります。

少しハードルは高いですが、それはクラブの近くに住むことです。

 

クラブは基本的に繁華街にあり、周辺の家賃はそれなりの値段がすると思いますが、ナンパで成果を上げていきたいなら繁華街の近くに住んでしまうのはかなり有効な手段です。

実際、私の知り合いにもナンパのために繁華街、あるいはクラブの近くに家を借りた人がいます。

 

もし、あなたがコンスタントに成果を出していて、そのほとんどをホテルで済ませている場合、実際に家を借りたほうが安く済む計算にもなると思います。

ホテル代だって一回の宿泊で1万円近くします。

週末だと1万円を超過することも余裕であるでしょう。

タクシー代や電車代も毎週通っていると意外とコストがかかるものです。

それらのコスト面から見ても家を借りたほうが安く済むことが多いです。

 

そして、何よりも連れ出しのとき、アポのとき、家が近くにあるというのはかなりの強みになります。

連れ出し打診をするとき、「ホテルに行こう」と言うよりは「家で飲もう」と言うほうが単純に成功する確率は上がります。

「ホテルに行こう」と直接言うことは少ないかもしれませんが、家が遠い場合は、直接言わなくてもオブラートな表現をして結局ホテルを使わなければなりません。

しかし、「家でお酒があるから飲もう」「ちょっと休もう」だとホテルほど響きにハードルが高くなくなります。

食いつきが高ければホテルだろうが家だろうが来てもらえることに変わりはありませんが、全てがそんなにうまくいくことはないはずです。

だったら「家が近くにある」という武器を備えておいて損はありません。

 

これはアポの際も有効ですし、クラブ後に飲みに行くにしても開いているお店は多くありません。

そんなときに「じゃあ家で飲もう」とも言うことができます。

 

また、女の子の食いつきが高いと、飲み帰り、クラブ帰りなどに連絡が入ってアポが取れたり、家に泊まりに来たりと、逆打診が入ることもあります。

これも繁華街に家があるために「近くに居るから」という理由で成せることですね。

こんな風に予期せぬアポも増えてきます。

 

お金に余裕がある人やナンパで今よりも圧倒的に成果を出していきたいならクラブや繁華街周辺に住むことをおすすめします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ