クラブナンパの方法

 

クラブナンパは初心者にもおすすめできるナンパでもあり、上はナンパが生活の一部になっているようなナンパ師と呼ばれる人まで、様々な人ができるナンパです。

ストリートでナンパができない人は多いですが、そういう人でもクラブに来ればナンパを出来る人がたくさんいます。

知らない女の子に声をかけるという観点では、ストリートナンパと同じですが、雰囲気、女の子のノリ、全てがナンパのために設定された舞台のような所です。

 

女の子との出会いが欲しい方、お持ち帰りをしたい方、ナンパをしてみたい方はクラブナンパをお勧めします。

クラブナンパの基本的な方法は以下の2通りです。

 

ダンスフロアで声をかける/一緒に踊る

何と言ってもクラブにはダンスフロアがあります。

ここで一緒に音楽にノリながら女の子と一緒に踊ったり、声をかけて仲良くなることができます。

かかっている曲の盛り上がりどころでさりげなく女の子の近くに行き、目を合わせて一緒にノリましょう。

会話がほとんどなくても女の子との距離を縮めることができます。

フロアで仲良くなって、ちょっと一休みすると言って、フロア外でじっくり和み連絡先交換やその後の展開に期待することができます。

 

バーカウンターやダンスフロア外で声をかける

クラブではダンスフロアの周りにもバースペースやフリーの席があります。

女の子もずっとダンスフロアにいるわけではないので、フロア外にも女の子はたくさんいます。

フロアでは、音楽の音でじっくり話すことができないので、じっくり女の子と会話したい方はフロアの外で話すことができます。

ここで声をかけるのは、普通に知らない女の子に声をかけるという状況ではありますが、クラブの雰囲気と女の子のノリがストリートとは全然違います。

クラブでは「ナンパをして当たり前」のような雰囲気があるので、ストリートで声かけができない人でも声をかけることができるでしょう。

 

尚、ダンスフロアで口説くのは限界があるので、必ずじっくり会話をして和む必要があります。

連絡先交換やお持ち帰り打診はここでしましょう。

 

声かけの内容、トーク内容、連絡先交換、お持ち帰りの方法などは別途ありますが、クラブナンパの基本の流れは上記の通りです。

ナンパはまず女の子に声かけをすることから始まります。

逆にこれができなければいくらクラブに居ても何か起こることはありません。

まずはクラブナンパの基本を抑えて声をかけられるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ