ナンパに使える恋愛テクニック バックトラッキング

女の子との会話がうまく弾まない人は、バックトラッキングを心掛けてみましょう。

バックトラッキングは医者やコーチング等でもよく使われる会話の方法です。

 

バックトラッキングは一言で言うとオウム返しのことです。

 

「昨日の夜ごはんはハンバーグを食べたんだ」

「昨日の夜ごはんはハンバーグだったんだ。おいしかった?」

 

このように相手が話したことをそのまま自分の口でリピートします。

そうすると、相手には「自分の話しをちゃんと聞いてくれている」という感覚を植え付けることができます。

自分の話をしっかり聞いてくれると嬉しいし、それだけでもっと話をしたくなると思います。

 

上記の例では本当に他愛もない話なので、人によっては「へぇ、そうなんだ」と返してしまうこともあるでしょう。

しかし、これではやっぱり話した人はあまり楽しくない気分になりますし、適当な返事をされるとこの後の会話を続ける気も段々なくなってきてしまうのではないでしょうか。

 

バックトラッキングを一言めに発し、次にその話題についての質問を返してみる。

この繰り返しで、今まで女の子との会話に詰まったり盛り上がらなかった人がどんどん会話を続けていくことができます。

 

本来、女の子は自分のことを話したいし、すごくおしゃべりなはずです。

女の子を気分良く話させることができる聞き上手はモテると聞いたことはないでしょうか。

 

その聞き上手の「聞く」の部分をバックトラッキングはしっかりと女の子に意識させることができます。

 

女の子との会話がいまいち盛り上がらなくて悩んでいる人は、バックトラッキングを使って聞いていることを相手にアピールしてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ