ナンパに使える恋愛テクニック 好意のお返し

 

恋愛において、「好意がある」ということを相手に伝えるのは非常に重要なことです。

「好意の返報性」という言葉をご存知でしょうか。

これは、初期の男女の関係において、「好意を受けたらその好意をお返ししなければいけない」という心理が働くことを言います。

 

考えてみてください。

自分が誰かから好かれているということを知って、嬉しくない気持ちになる人はあまりいないと思います。

むしろ、自分のことを好きになってくれた人に対して、「どこの誰だろう?」「どんな人なんだろう?」「かっこいい人なのかな?」色々な興味が湧いてくるはずです。

その感情は総じてポジティブなものが多く、興味を持っていくうちに自分もその人のことが気になっていったり何かしらのお返しをしてあげたいという気持ちを抱くこともあります。

これが「好意の返報性」です。

 

恋愛は、好意を相手に伝えることから始める必要があります。

思っているだけでは相手には何も伝わらず、その恋が成就する可能性は極めて低くなっていくでしょう。

 

そのため、まずは相手が自分にとって特別な存在であるということをしっかりと伝えましょう。

周りにたくさん女の子がいて、誰にでもいい顔している人があまり良く思われないのは、ご存じの通りだと思います。

しかし、周りにたくさんの女の子がいるのに、自分だけが特別扱いされたらどうでしょうか。

気にせずにはいられなくなるはずです。

 

伝え方は、普段の何気ない会話、メール、電話のやり取り、視線なんかでも構いません。

もちろん、ナンパでも恋愛でもどちらのシチェーションでも、始めて会ったその日に好意を伝えていくのも全然ありです。

「この人自分のことが好きなのかな?」と、ちょっと思わせるくらいが絶妙な効果を発揮してくれます。

(主に恋愛の初期の段階で使える心理的なテクニックなので、最初からガンガン好意を伝えると逆に引かれる可能性があるため)

 

ナンパも恋愛もまずは相手に「好意を伝える」ということはしっかりと心掛けておきたいところです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ