ナンパに使える恋愛テクニック 香水を使って男を意識させる

女の子に男として認識してもらうために効果的なものの一つに匂いがあります。
男が女の子から良い匂いがすると、非常に魅力的に見えたり興奮したりするのと同様に、女の子も男の匂いで異性を意識してくれるのです。

いわゆるフェロモンとも言えます。

一般的に男よりも女の子のほうが普段から匂いに気を遣っているため、むしろ女の子のほうが香りに対する反応は大きいのかもしれません。
彼氏や旦那の匂いを嗅ぐと落ち着くという女の子もたくさんいます。

「見た目は好みだけどにおいがくさい」男性と「見た目は好みではないけどいいにおい」の男性について、女性が選ぶのは後者のほうが80%を超えるとのことです。

それほど、異性の間で匂いというものは重要な要素なのです。

 

香水をマメにつけている男性は決して多くはありませんが、クラブに行く時やデートをするとき用に香水を用意しておいても決して損することはありません。

匂いの効果は男が思っているよりもかなり大きいため、香水をつけてみると女の子の反応が良くなる可能性があります。
香水をつけるときのポイントは、女の子があなたに近づいたとき、横に座ったとき、あなたが女の子の前を横切った時等にほんのり香るようにつけることです。
男も女の子に近づいたときにいい匂いに気付いたほうがドキッとしますよね。
それと同じで、「近づいたら匂いに気付く」くらいに止めておきましょう。

尚、香水のつけすぎには禁物です。
距離が離れていても匂いがわかるくらいべとべとにつけていたり、近くにいると鼻をさすような強烈な匂いは不快でしかありません。
女の子の香水がきつすぎると男でも嫌だと思います。
それと同じかそれ以上に男の香水のつけすぎはマイナスポイントになります。

適度な量を心掛けて、香りの効果で女の子との距離を縮めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ