ナンパに使える恋愛テクニック 女の子が自分に対して興味がないときに使う言葉

 

どんなに面白いことを話していても、会話を盛り上げていても、女の子の自分に対する興味が一向に上がってこない場合や最初から興味がなさそうな場合、「君、おれに興味ないよね?」と言ってみましょう。
あまりおちゃらけて言うと、相手も冗談ぽく「ないよー(笑)」とはぐらかすように逃げられてしまうので、多少は真剣な感じで言いましょう。
一見、負けを認めているかのような発言ですが、ここからが逆転への近道になります。

「君、おれに興味ないよね?」と聞かれた場合、相手の返答は「そんなことないよ」「うん、興味ないかな」の2パターンです。
ほとんどは前者の「そんなことないよ」と返ってくるでしょう。
面と向かって相手に対して興味がないと言えるような女の子はあまりいません。

実はこの「そんなことないよ」と言わせることが重要で、女の子の心理が本当に「興味ない」⇒「興味ないわけじゃないかも」と変わる可能性があります。
こんな質問を真剣にしてくる人は滅多にいないわけですから、心理状態としても少しパニックも起きていることも理由としてあるでしょう。
自分の言葉で「興味がないわけじゃない」と言っているわけですから、感情もそこに合わせて変わってきてしまうのです。

顔に対するグダが明らかにある場合、「おれってそんなに不細工?(笑)」と軽く聞いてみるのも手です。

一方、「興味ない」と返ってくることもたまにあります。
しかし、この時点で女の子にとっては「感情を読まれた」という事実から「何でわかったんだろう?」と相手に対する興味が湧いてきている可能性も高いです。
いずれにしても、既に会話のきっかけとして成立しているわけですからここから畳みかけてみてもよいでしょう。
畳みかけていく会話もなるべく、女の子が「普通の男と違うかも」と思えるような会話を心掛けていきましょう。

このセリフを言う場合、女の子が本当に興味があるかないかはあまり関係ありません。
また、どんな言葉が返ってきても「やっぱり興味ないんだー」と卑屈になったりヘコんだりしないでください。
上記のようにしっかりとその後の展開を進めることができれば、女の子が「興味がない」状態からの逆転することは十分に可能です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ