六本木のクラブ

 

東京にあるクラブは大きくわけると「渋谷」「六本木」「銀座」の3箇所に、ナンパ箱と呼ばれるような大きなクラブが集まっています。

今回は「六本木」のクラブの

特徴について説明します。

 

六本木のクラブが現在は一番ナンパが盛んに行われており、客層も20代前半から30代まで、幅広く分布しています。

メインとしては20代中盤から30歳くらいまでの方が多くいますが、クラブによってはもっと低い、高いがあります。

週末になると人の入りもよく、クラブ内は音にナンパに非常に盛り上がっています。

ナンパに関しては、どのクラブでもかなり積極的にナンパが行われているため、女の子だとレディースシートに座る以外に、落ち着く場所を見つけるのがかなり大変だと思います。

 

まず、女の子については全体的に見ても、クラブ慣れしている子が多く、渋谷でクラブデビューして六本木に流れてきた感じの子が多くいます。

社会人になってからクラブデビューする子は、六本木でデビューする子が多いので、そういった子たちもたまに見かけます。

クラブ慣れしている子が多いので、比例してチャラい子も多く存在しており、渋谷、銀座と比べるとお持ち帰りの数自体は最も多いです。

 

しかし、じゃあ六本木のクラブに行けば簡単にお持ち帰りできるかというとそうではありません。

遊び慣れているということは、それだけ見てきた男の数も多く、彼女たちの中での男の基準は明確化されていることが多いです。

そのため、ノリだけでなんとかなるということはなく、しっかりと男として見てもらえるような魅力を伝える実力が必要になります。

外見が良くてもトークがダメなら中々うまくいきません。

 

ここでナンパを成功させるには外見と合わせてトーク力も必要になってきます。

逆に言えば、イケメンじゃなくてもトーク力やお金があれば、それは非常に強力な武器になります。

六本木では、イケメンじゃない男がお持ち帰りしているところを何度も見かけます。

ナンパにおいてトーク力はそれだけ重要視されるということです。

 

また、六本木のクラブではVIP席が多く、お金がある人はVIPを確保すれば店からの扱いも女の子からの扱いも全然変わります。

普通にクラブにくるのとは違い、かなり優越感に浸ることができるでしょう。

 

次に、ライバルとなる男のレベルが渋谷よりは高いです。

これは、イケメンが多いという意味ではなく、ナンパ慣れしている男が多いということです。

六本木のナンパ箱に行くとわかると思いますが、遊び慣れたサラリーマンが多くいるといったイメージです。

そのため、どこを見渡しても積極的にナンパが行われており、女の子に声をかけるのを躊躇していると、一瞬でライバルに奪い取られます。

 

ピークの時間帯では、本当に数秒悩んだだけで他の男に先を越されるほどです。

そのため、六本木のクラブでコンスタントに結果を出すには地蔵の克服は必須です。

 

ここまでお持ち帰りが簡単ではないことを話てきましたが、六本木は男女ともに間違いなく遊んでいる人が多いです。

そのため、ナンパ初心者であっても「クラブナンパに行けば何か起こる」ような期待感を持てる楽しい空間でもあります。

実際、初心者でも普通にうまくいくケースも多々あります。

ただ、継続して成果を出すにはそれなりに実力もつけていかないといけないということです。

 

東京のクラブでナンパをしたいなら、間違いなく六本木のクラブをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ