六本木のクラブ:ESPRIT TOKYO(エスプリット東京)

ESPRIT TOKYO(エスプリ)は六本木の中規模のクラブであり、ドンキホーテに向かう途中にあります。

IDチェックが1階にあり、階段を上り2,3Fがフロアとなります。

メインフロアは2階で、ALL Mixが流れており、3階がサブフロアとなっていますが、3階にはDJブースなどはなく、大きな吹き抜けから下のフロアを眺められる休憩スペースのような場所となっています。

エスプリでのナンパ

最近、リニューアルオープンされたため、以前とはちょっと違う様相となっています。

まず、2階のメインフロアについて。

以前、2階と3階のちょうど間にあって見上げる形だったDJブースが2階のフロアに移動しています。

ちょうど入口から見て真正面の奥にDJブースがあり、その横にバーカウンターがあります。

そして、フロアを囲むようにしてVIP席が配置されました。

DJブースが前にして、後ろにダンススペースがあるようなオードソックスなクラブの形となっています。

そのため、ナンパ箱と言うよりは音楽好きが集まる、身内感のあるクラブとなっています。

出会いを求めてやってきているような層の女の子は多くなく、どちらかというと友達とワイワイ音楽を楽しみにきた女の子が多くいます。

これは男についても同様で、ソロでがつがつナンパするような人はほとんどおらず、あくまで身内ノリで声をかけ、仲良くなるような感じです。

フロアのスペースが少し狭くなっているため、ちょっとの間いれば、だいたいクラブに来ている人の顔を見渡せることができます。

なので、突っ立って女の子を物色していたり、がつがつナンパしていると非常に目立ちます。

ソロナンパはあまり向かない状態となっているでしょう。

ここでナンパする場合は基本的にコンビで、ノリよく女の子に声をかけ、一緒に踊るなどしてまずはナンパナンパしていない雰囲気で攻めましょう。

ある程度の警戒心を解くことができたら、3Fのフロアへ移動し、がっつり和みに入りましょう。

基本的に2Fで声かけ ⇒ 3Fで和みを繰り返していくスタンスが良いかと思います。

2Fはフロアが広くなく半分以上がダンスフロアであり、人が多いとスペースの確保が難しかったり、女の子の友達や知り合いにすぐに見つけられてしまう可能性があるので、長時間の和みには適していません。

口説くときは必ず3Fに移動するようにしましょう。

ナンパ箱ではありませんが、六本木のクラブである以上、どこかにお持ち帰りするチャンスは潜んでいます。

音楽は非常に良いので、ダンスを楽しみつつ時々ナンパしてみると、知り合いもできてとても楽しめるクラブかと思います。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ