可愛い子しかナンパしないと言ううちは初心者

クラブでナンパをしていると、こんな男の声が良く聞こえてきます。

「可愛い子しかナンパしないし」
「今日ブスしかいなくね?」
「妥協するとかないわ~」

このセリフをいつも言っている人はほぼナンパの実力がないと考えてよいでしょう。

そもそも可愛い子や自分の好みの子なんて、そうじゃない子よりも圧倒的に数が少ないはずです。
彼らはその数少ない可愛い子を一晩地蔵しながら待っているのでしょうか。
そのような可愛い子は他の実力のある男に先に取られてしまいますし、可愛い子が目の前に表れて彼らは誰よりも早くナンパを仕掛けられるのでしょうか。

答えはNOです。

なぜなら、上記のセリフは単純に言い訳であり、そのほとんどがナンパに失敗することから自分を守るために出たセリフだからです。
このような人たちに一番聞いてみたいことは、「じゃあその可愛くない子をナンパしたら成功するんですか?」ということです。
まず無理でしょう。

ナンパの成長過程において、可愛くない子や自分の好みじゃない子に話しかけることは、ステップアップに必須事項です。
可愛い子を待っていたら声かけする回数が極端に減ってしまい、ナンパにおいて一番重要な要素である経験が溜まっていきません。

可愛い子しかナンパしないのなら、そんな子がいないと分かった時点で帰れば良いのに朝までクラブ内をウロウロ地蔵しています。
そしてそんな男に限って可愛い子ではなく、「話しかけても無視されなさそうな女の子」に声かけしているのです。
やっぱりナンパに対する自信がないのでしょう。

クラブで時間と体力とお金を消費して、女の子も得られず、ナンパの経験も得られず、上手くなるのは言い訳ばかりです。

このようなセリフを毎度吐いている人は今すぐやめて好みじゃない子にも積極的に声をかけて下さい。
そして、そのような子たちでもお持ち帰りできるようにしてください。
もちろん、可愛い子が現れたら迷わず声をかけに行きましょう。

そうすることで、ナンパの経験値が溜まって行き実力も上がってきます。

「可愛い子しかナンパしない」なんてセリフは、このような成長過程を経て実力が上がり、可愛い子も可愛くない子も自在にナンパを成功できるようになってから言うものです。
それほどの実力がある人は、クラブ内にいる男の中では1割にも満たないでしょう。

ナンパをするのであれば、言い訳ばかりの男と周りに思われないように積極的に声をかけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ