渋谷のクラブ

 

東京にあるクラブは大きくわけると「渋谷」「六本木」「銀座」の3箇所に、ナンパ箱と呼ばれるような大きなクラブが集まっています。

今回は「渋谷」のクラブの特徴について説明します。

 

渋谷のクラブはこの3つの中でも最も客の年齢層が低くなっています。

場所柄からもわかる通り、若者が多く、クラブの客層も学生や20代前半がメインになります。

大学生の子や若い子をナンパしたいなら渋谷に行くのが良いでしょう。

 

クラブ内でのノリも若く、フロアでみんなではしゃいでいる感じで、落ち着いた雰囲気はあまりありません。

フロア内で男女何人かで輪になってはしゃいでいるのもよく見かけます。

輪の中に入る必要はありませんが、ある程度楽しそうな雰囲気を持って話しかけないと、声かけの段階でつまずく可能性があります。

 

また、渋谷のクラブはクラブデビューの初心者が多いので、他の2つに比べるとクラブ慣れしていない子も多く、チャラい子はそこまで多くありません。

友達と頑なに離れなかったり、友達と一緒に帰るというのを崩すのに骨が折れる場合があります。

そういう場合は素直に引いて、後日アポを狙いましょう。

 

そして、ライバルの男も若いのが多く、ナンパの実力は全体的にそれほど高くありません。

ノリだけで攻めるということが多く、女を落とすという観点で攻めている男はそんなに多くはないです。

学生だとお金を持っていないので、頻繁に女の子にお酒を奢るということもあまり見受けられません。

ただ、若いのでイケメンが多いところは多いので、「そもそもイケメンじゃないとダメ・おっさんがダメ」という感じの子に当たってしまうと声かけの時点で反応が悪い場合もあります。

 

渋谷のクラブも老舗が結構あり、人もたくさん入っています。

クラブの雰囲気は若者の学生ノリであることがほとんどですが、その勢いに圧倒されずしっかりナンパをしていけばちゃんと結果は出すことができます。

尚、渋谷はホテル街があるので、お持ち帰りの際にホテルに行きやすいという大きな利点があります。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ