渋谷のクラブ:Camelot

 

概要

フロア:大箱(B1,B2F)

Camelotのフロアは全部で3フロアあり、音はイベントによって異なります。 ジャンルとしては、ALL MIX、HIPHOP、HOUSE、Electro などが流れています。

客層は主に20代前半となっており、渋谷のクラブの中ではスーツを着たサラリーマンが多めで、年齢が高い人でも比較的行きやすいクラブです。

場所柄、ショップ店員が多いため、イケメンや雰囲気イケメンが多く、見た目がイケているやつが多くいるのも特徴の一つです。

渋谷では最も知名度が高いので、クラブデビューでここを訪れる人も多くいます。

 

ナンパ

基本は勢いやノリの良さで押していくのが良いですが、音がうるさくフロア内では会話がかなりしにくいです。

また、ナンパ待ちと言うよりは音メインで来ている子も比較的多く、レディースシートも多いため、慣れていない人には多少やりにくく感じるかもしれません。

とは言え、母数が多くナンパ目的の子もちゃんといるので、反応が悪いことが続いても諦めずにしっかりとナンパしておきたいところです。

 

女の子に話かけやすい位置は、メインフロアのバーカウンター付近が比較的話かけやすい環境。

トイレもあるため、ソロの女の子の行き来も多くなっています。

但し、人の行き来が激しく、ずっと突っ立っていると話にくいのでテーブルの近くやフリーの席に移動するなど、場所の確保はしっかりしましょう。

音はうるさいが、B1Fにはソファーのフリー席もあるのでゆっくりする分にはここがベター。

男女比は大体7:3ほどなので、女の子は比較的多いほうです。女の子のレベルも渋谷のクラブの中では一番高いと思われます。

Camelotでは女の子が次々に連れ出されて少なくなるような状況にはあまりなりませんが、ナンパ目的ではない子もいるため、油断しているとあっという間に取り返しのつかない状況になってしまうのは他のクラブと同じです。

 

ライバル

大学生やショップ店員などの若い男がメインとなっていますが、渋谷の中ではサラリーマンでも行きやすいクラブなので、客層は幅広く分布しています。

ショップ店員にはイケメンや雰囲気イケメンが多く、見た目のみで勝負している場合、ライバルと差別化できるほどの強みがないと苦戦します。

 

「ナンパ師」と呼ばれるようなナンパを常日頃やっている人達もときどき見かけるため、渋谷の中ではナンパ力が高いライバルが比較的多い場所です。

そのため、自分にナンパ力がないと苦戦する可能性があります。

自分の外見はベストの状態にもっていき、ノリ良く攻めていきましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ