2月はクラブに行く人が最も少ない

 

クラブに行く人は一昔前と比べると少なくなってしまいました。

残念ながら世間に染みついた悪いイメージを払しょくするのは簡単ではないでしょう。

 

特にクラブは寒い時期だとさらに人が減ってしまいます。

逆に夏は開放的になってナンパが盛んになるのと同じで、夏のクラブは相当な盛り上がりを見せています。(個人的には夏のクラブは暑すぎて苦手ですが)

 

結構、その日のクラブへの入りは天候に左右されることが多いのです。

普通に人が外出したくないと思う天気、大雨、強風、台風、雪、寒すぎる等のときはクラブに来る人自体が減ってしまいます。

クラブ自体は屋内ではありますが、そこに行くまでの気力が出ないのです。

 

男はナンパしたいがために悪天候の中で這ってでも行くくらいの気持ちでいるやつは多いのですが、女の子はそうでもありません。

と、いうことは悪天候の中、苦労してわざわざクラブに来たのに人が少ない上に男祭りだったということがあり得るのです。

確かに女の子が全くいないということはあまりないのですが、競争率の高さは相当なものです。

自分に実力があれば問題ないとも言えなくはないのですが、ナンパの成功には、数のアプローチも含まれています。

女の子の母数が少ないクラブはやはりナンパしにくいはずです。

 

ちょっとくらいの雨ならば良いですが、あまりに悪天候の場合はナンパ目的で行くと期待外れに終わるかもしれません。(それでストリートナンパのほうがもっと条件は悪いはずなので、どうしてもナンパがしたいのならクラブに行くしかないのかもしれませんが)

 

ちなみに、個人的に一番クラブ人口が少ないのは2月あたりかと思っています。

寒い時期はクラブに人が少ないので、12、1月も気温的には大差ないのかもしれませんが、この辺りはクリスマス、年末年始、忘年会、新年会などのイベントが多いのです。

むしろ、クラブに来ている人達のテンションもいつもより高く、1年の中でもトップレベルに盛り上がる時期かと思います。

大して2月あたりは非常に寒く特にイベントもないので、人が一番少ない印象があります。

3月や4月に入ってくると、暖かくなってくるのと、歓送迎会等のイベントも増えてくるので、人もまた集まり出してきます。

 

クラブナンパも人がいなければそもそもやりにくくなってしまいます。

自分が行きたくないと思っている天候や季節の日は他の人も同じことを思っているということです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ