30代アラサー男性のクラブナンパのマインド

30代に突入してしまった男性がクラブナンパで成果を出すためのマインド(気持ちの持ち方)を説明します。

マインドの持ち方ですがこれはナンパにおいて特に重要なポイントです。
基本的な部分ですが、女の子は男の気持ちの弱さや自信の有無に対して非常に敏感です。
それらの男の気持ちの流れは雰囲気(オーラ)として外見に表れてきます。
そして、クラブナンパにおいて最も重要なのはこの雰囲気です。
何度も何度もナンパしている自分の気持ちの持ちように対して疎かになることが多いです。
今一度、ナンパをしているときの自分のマインドに目を向けてみましょう。

30代になると20代の頃よりも外見や体力が落ちてしまうのが一般的です。
世間からの目も「30代にもなってクラブなんか行くの?」「もう落ち着きなよ」と見られるでしょう。
これらの要素から「もう自分は30代だから」と自信をなくしてしまいます。
自分より若い子にあっさりあしらわれると、「やっぱりこんなおっさんより若い男のほうがかっこいいし良いに決まってるよな・・・」とへこみがちです。

しかし、このようにアラサーだからダメだとか考える必要は全くありません。
むしろ、私の見る限りでは30代のアラサーナンパ師こそがコンスタントに結果を出しています。

まず、世間のクラブナンパに対する目ですが、これは日本ではちょっと仕方がないことなのかなと思います。
クラブとナンパに関するイメージははっきり言って良くありません。

ただ、クラブとナンパに対する批判の声は、そのほとんどが自らクラブに足を運んで見たことのない人たちによるものでしょう。
自分の目で見てもない人たちがインターネット、ニュース、知り合いの話を聞いて勝手に悪いイメージを作り上げ批判しているだけなのです。
そんな人達のことなど気にせずに堂々としていましょう。

次に女の子側の意見としても男の年齢が30代だからと言って「ナシ」になることはほとんどありません。
ナンパに限った話ではなく、男は年下より年上がいいという意見のほうが遥かに多いです。
クラブにいる女の子のほとんどが20代です。
30代であればクラブ内にいる女の子のほとんどが自分より年下なので、この点でグダられることはまずありません。
あしらわれてしまった場合は別の部分に原因があります。
若い男性と比較して負い目を感じるようなことはしないで下さい。

また、女の子としても20代はちょうど仕事やこれからの将来に対して色々考える年代です。
これらの女の子から見て、30代でしっかりとしている大人の男は実は非常に魅力的に見えています。

お金もそれなりに持ち始め、地位や生活にも余裕が出てくる年齢です、「男は30代から」と言う言葉がある通り、むしろ自分たちが一番モテる層だと考えましょう。
30代で自信なくナンパするほどかっこ悪いことはありません。
自分たちが一番だと、自信を持ってナンパすることがスタートです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ